カテゴリー: 未分類


プレミアムフードとは?

17年04月07日

未分類

プレミアムフードとは? はコメントを受け付けていません。


「プレミアム」とつくと何だか高級そうなイメージがありますが、プレミアムフードとはどのようなものなのでしょうか。プレミアムフードは、酸化防止剤や保存料などの添加物が含まれておらず、人間が食べられるような原料で作られているフードです。栄養バランスが優れているので、健康管理にも役立ちます。

PICK UP<モグワン:プレミアムペットフード通販>

スーパーやドラッグストアで販売されている安いフードは、BHTやBHAなどの酸化防止剤や保存量を使用しているものがほとんどです。酸化防止剤には発がん性があると指摘がされています。また、酸化防止剤や保存料を解毒するために肝臓に負担がかかることも心配されます。

安いフードは、人間が食べられないようなものを原料に使用していることがあります。口にするものなので安全な原料を使用していると思うかもしれませんが、安いものはコスト削減のために、人間が口にできないような鶏の羽や骨などが混入していることがあるのです。しかし、プレミアムフードなら安心できる原料が使用されています。

栄養面でも優れています。犬には犬が必要とする栄養素があります。必要な栄養素を満たすことで健康維持に役立ちますが、健康のことを考えて栄養素が配合されています。

プレミアムフードは年齢や体調に合わせたものが販売されています。年齢や体調を考慮して選びましょう。

種類による違い

17年04月06日

未分類

種類による違い はコメントを受け付けていません。


ドッグフードは目的によって種類を分けることができます。総合栄養食は、水とこのペットフードを与えていれば栄養を満たせるものです。犬の毎日に食事には総合栄養食を与えます。間食は主にご褒美として与えるものです。1日の適切なカロリー範囲内で与えるようにします。間食で必要な栄養を満たすことはできません。その他の目的食は、嗜好性促進、カロリー補給、特定の栄養を調整するなどの目的で与えます。一般食、カロリー補給食、副食、特別療養食などと記載されています。

フードの形態によっても種類を分けることができます。ドライフードは水分量が10%以下のフードです。水分が多いとカビが生えやすいですが、その点を考慮して水分含有量10%以下にしているメーカーが多いようです。セミモイストは水分量が25~30%で発泡していないものを指します。品質の劣化を防ぐ目的で添加物を添加したり、水分保持のために湿潤剤を添加します。ウエットタイプは水分量が75%以上のものを指します。においが強くするので犬の食欲をそそります。品質保持のために殺菌加工をして、アルミパウチや缶などに充填します。やや値段が高いです。普通のフードとは違うプレミアムフードというものもあります。

ドッグフードの選び方

17年04月05日

未分類

ドッグフードの選び方 はコメントを受け付けていません。


ドラッグストア、スーパー、通販などでたくさんのドッグフードが販売されていて、どれを選んだらいいのか迷いませんか。犬の健康維持のためには、ドッグフードの選び方が大切です。では、どのように選んだらいいのでしょうか。

ドッグフードを購入するときは、パッケージに記載されている原料を確認しましょう。犬はタンパク質を多く必要とします。そのため、ドッグフードにタンパク質がしっかり配合されていることを確認してください。原材料名は配合量が多い順に記載されています。原材料名の初めに肉や卵などの名前が記載されていると、タンパク質が多い可能性があります。

タンパク質量は、パッケージに記載されている粗タンパクの%でも確認できます。しかし、水分含有量を考慮する必要があり、数字が大きいからとタンパク質が多いというわけでもありません。正味タンパク質量は100g×乾燥重量×タンパク質の割合で求めることができます。

賞味期限もチェックしましょう。賞味期限が長いものは、酸化防止剤などの添加物を大量に使用している可能性があります。賞味期限が近すぎると、食べきる前に賞味期限が過ぎてしまいます。

犬は穀物をうまく消化することができません。うまく穀物のタンパク質を消化できないとアレルギーを起こすことがあるので、アレルギーがある場合は穀物フリーを選ぶとよいでしょう。

ペットフード選び

17年04月04日

未分類

ペットフード選び はコメントを受け付けていません。


普段口にするものには気をつけていると思いますが、ペットに与えるものにも気をつけていますか。人間もペットも健康を維持するためには、毎日口にするものが大切です。人間の場合、添加物に気をつけている方は多いと思います。特に小さな子供がいる場合は気を使っているのではないでしょう。体が小さい子供は、大人よりも影響がでやすいといわれます。ペットも体が小さいので添加物の影響が心配されます。しかし、人間が食べるもに気を使っている人よりも、ペットフードの添加物に気を使っている方は少ないようです。

また、健康維持のためには年齢に合わせたペットフードを選ぶことも重要です。人間の赤ちゃんは、消化によい離乳食から初めて、徐々に固いものを食べるようにさせます。高齢になると食が細くなるので、食べる量に気をつけたり、油っぽいものを控えるようになります。これと同じで、ペットも年齢に合わせてペットフードを選ぶ必要があります。

体調に合わせてペットフードを変える必要がでる場合もあります。ペットも糖尿病や高血圧になることがあります。肥満は糖尿病や高血圧などのリスクを高めます。肥満を防ぐためには運動も大切ですが、毎日口にするものも大切です。適切なカロリーコントロールをすることが肥満の防止に役立ちます。その他にもアレルギーや腎臓、関節のサポートといったペットフードもあります。体調に合わせたペットフードには、その症状にあった適切な成分が配合されています。ペットフードは年齢や体調を考慮して選びましょう。